介護

介護

お客様のお悩みをお伺いし、アドバイスやご提案をさせて頂きます。 修理で済むもの、お取替えの必要なもの、プロの目 […]

お客様のお悩みをお伺いし、アドバイスやご提案をさせて頂きます。
修理で済むもの、お取替えの必要なもの、プロの目で判断し、アドバイスをさせて頂きますのでご安心ください。


3つのメリット

介護リフォーム工事ポイント

介護保険をリフォームに活用

支給対象となる工事の種類

トイレ・浴室の配慮

私たちの想い

3つのメリット

3つのメリット

介護リフォーム工事ポイント

3つのメリットを実現するために改修の際に押さえておきたいポイントとして次のようなものがあります。

介護リフォーム工事のポイント1~3

介護リフォーム工事のポイント4~6

ヒートショックとは

介護保険をリフォームに活用
介護保険をリフォームに活用する

介護が必要となった場合、住まいのバリアフリー化は緊急課題です。
その為に要介護者または要支援者がバリアフリー工事を実施する場合に、介護保険により20万円を限度として、その工事費用の9割が支給されます。
介護保険を利用して介護リフォームを進めましょう。

<受給対象者および支給額>
受給に関しては以下の条件を満たす方が対象になります。
●要介護認定で「要支援・要介護」の認定をされていること
●改修する住宅の住所が被保険者証の住所と同一で、本人が実際に居住している事
●助成額の限度は工事費用最高20万円(支給額18万円)
 ※工事費の9割を支給

支給対象となる工事の種類

手すりの取付

廊下、トイレ、浴室、玄関等の転倒予防、もしくは移動等を目的として設置

手すりの取付


段差解消

居室、廊下、トイレ、浴室、玄関等の各室間の床の段差解消のための住宅改修をしめし、具体的には敷居を低くする工事、スロープを設置する工事、浴室の床をかさ上げする工事。(適用除外:昇降機、リフト、段差解消機等動力により床段差を解消する機器を設置する工事、福祉用具貸与に該当するスロープの設置、福祉用具購入に該当する浴室用スノコの設置)

段差解消


滑りの防止及び移動の円滑化の為の床材の変更

居室においては畳敷きから板製の床材、ビニール系床材への変更。浴室においては床材の滑りにくいものへの変更。

滑り防止と床材変更


引き戸等への扉の取替え

開き戸を引き戸、折戸、アコーディオンカーテン等に取り替えるといった扉全体の取替えの他、ドアノブの変更、戸車の設置等も含む。(適用除外:引き戸等への扉の取替えに合わせて自動ドアとした場合の自動ドアの動力部分の設置)。

扉の取替え


洋式便器等への便器の取替え

和式便器を洋式便器に取り替える。暖房便座・洗浄機能が付加されている洋式便器への取替えは可。(適用除外:洋式便器から洋式便器への取替え/非水洗和式便器から水栓洋式便器、または簡易水洗便器に取替える場合の当該工事のうち水洗化または簡易水洗化の部分)

洋式便器等への便器の取替え


その他

・手摺の取付のための壁の下地補強
・浴室の段差解消(浴室の床のかさ上げ)に伴う給排水設備工事
・床材変更のための下地の補強や根太の補強
・扉の取替えに伴う壁又は柱の改修工事
・便器の取替えに伴う給排水設備工事(水洗化又は簡易水洗化に係るものを除く)
・便器の取替えに伴う床材の変更等
上記の住宅改修に付帯して必要となる工事

トイレ・浴室周りの配慮

トイレ

レイアウトのポイント

手すりのポイント

器具選びのポイント

出入り口とスペースのポイント


浴室

出入り口の開口と手すり

洗い場の広さ・手すり

器具選び

洗い場の広さ

洗い場での手すり、洗面器置き場、洗面化粧台

私たちの想い

私たちの想い

究極のリフォームは建替え(新築)ですが、建替えは費用や時間、確認申請などの手間も増え、お客様にとってはおおごとになりやすいです。
それにどんなに機能的で高性能になっても、高齢者になってから新たな空間に心と身体をなじませるのには時間がかかる、といった問題もあります。

リフォームは、住み慣れた空間の部分的手直しで済みます。
使いにくかった所だけを短期間で直すので気楽で、なじみも早いと考えられます。

高齢者にとっては、住み慣れた住まいに積み重ねられた大切な記憶への愛着があり何よりも安心感があります。
これは、数字やお金では測り知れません。

『壊してしまったら二度と取り戻せない何かがある』その思いを私たちは心に刻んでおります。
リフォームを選択するのには、理屈だけでは割り切れない強い理由があるのです。

リフォーム・増改築に関するご相談など

お気軽にお問い合わせください。

↑Page Top